Posts Tagged ‘編集’

第8章_ドキュメントの管理- 逆引きマニュアル-Writer編

8_14_文字数や行数をカウントしたい

8_14_文字数や行数をカウントしたい

ドキュメントを作成するときには、指定された文字数や行数内で書かなければならないことがあります。現在の文字数や行数を簡単に数えることができれば便利です。
ここでは、ドキュメント全体の文字数を数える方法と現在の行数を知るための行番号を表示させる方法について説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第8章_ドキュメントの管理- 逆引きマニュアル-Writer編

8_13_ドキュメントの他の部分にリンクを貼りたい(相互参照)

8_13_ドキュメントの他の部分にリンクを貼りたい(相互参照)

ドキュメント内に参照したい表や図、または見出しなどがある時に相互参照の設定をすると、クリックして参照先へ移動できます。
ここでは、見出しを参照先に設定する方法と、任意の場所を参照先として設定する方法を説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第8章_ドキュメントの管理- 逆引きマニュアル-Writer編

8_11_コメントを印刷する

8_11_コメントを印刷する

コメントをまとめて印刷して利用したい場合もあることでしょう。Writerにはコメントを印刷する3つのオプションが用意されています。
ここでは3つのオプションの選択の仕方とその印刷設定を標準設定にする方法について説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第8章_ドキュメントの管理- 逆引きマニュアル-Writer編

8_10_コメントを編集するには

8_10_コメントを編集するには

コメントに応じて作業した後,コメントを削除したりコメントに返信したいケースもあることでしょう。
ここでは、コメントの削除の3つの方法と返信の方法について説明します。またドキュメント内のコメント間を移動する方法についても説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第8章_ドキュメントの管理- 逆引きマニュアル-Writer編

8_09_編集時にコメントを挿入するには

8_09_編集時にコメントを挿入するには

ドキュメントを共同で作成する場合や作成期間が長い場合は、コメント機能を使って確認事項や校正内容を記録することで、正確なドキュメントを作成できます。
ここでは、コメントの挿入の仕方と削除の仕方、コメントの印刷方法について説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第8章_ドキュメントの管理- 逆引きマニュアル-Writer編

8_07_複数のドキュメントを統合するには(マスタードキュメント)

8_07_複数のドキュメントを統合するには(マスタードキュメント)

共同で一つのドキュメントを作成するときには、各自がドキュメントを作成した後に、この機能を使ってドキュメントを統合できます。
ここではマスタードキュメントの機能を使って、複数のドキュメントを統合する方法について説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第8章_ドキュメントの管理- 逆引きマニュアル-Writer編

8_06_ドキュメントのバージョン管理をしたい

8_06_ドキュメントのバージョン管理をしたい

ドキュメントを変更していて少し前の状態に戻したい時があります。「元に戻る」が有効なステップ数であればこの機能を使うと良いですが、一度閉じたドキュメントや多くの変更点が施されてから戻りたい場合にはこの機能は使えません。
バージョン管理をしているならこの問題を解決できます。また複数の人でひとつのドキュメントを作成している場合もバージョン管理は有効でしょう。
ここでは、バージョン管理の仕方と複数のバージョンを比較する方法、以前のバージョンを呼び出す方法について説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

【書名一覧】

【書名から記事を選ぶ】

【関連記事】

    None Found