Posts Tagged ‘相対参照’

第5章_数式の入力- 逆引きマニュアル-Calc編

1235_繰り返し使用する数式に名前をつける

1235_繰り返し使用する数式に名前をつける「挿入」-「名前」コマンドを使って数式に名前をつけることができます。このセクションでは数式名の具体例を挙げて、使い方を説明します。セル範囲に名前をつける範囲名の機能については、Sec.1230をご覧ください。

記事を見る

PDFを購入する


 
第5章_数式の入力- 逆引きマニュアル-Calc編

1220_相対参照と絶対参照

1220_相対参照と絶対参照このセクションでは、相対参照と絶対参照について、具体例を挙げて使い方を解説しています。

記事を見る

PDFを購入する

 

 
第3章_表の作成- 逆引きマニュアル-Calc編

0650_資金繰り表の作成

0650_資金繰り表の作成

一般的に資金繰り表と呼ばれるものは、時間軸を右方向にとって、収入項目と支出項目の動きを予測するものです。収入項目や支出項目は企業によって様々ですが、(1)定額のもの、(2)売上に応じて変動するもの、(3)時間に応じて変動するもの、(4)経営 判断によって変動するもの4種類に分けることができます。このセクションで取り上げている資金繰り表は、あくまでサンプルですから、自分の状況に合わせて項目内容や計算設定を変更して利用してください。

→ 記事を見る

→ PDFを購入する

 
第2章_データの入力と編集- 逆引きマニュアル-Calc編

0230 同じデータをまとめて入力する

0230 同じデータをまとめて入力する同じデータを複数のセルに入力するときは、まずひとつのセルにデータを入力しておき、コピー&ペーストを使うのが一般的な操作です。
この二段階の操作を、一度でおこなうことができます。相対参照による入力も可能なので、数式の一斉入力にも使えます。

→ 記事を見る

→ PDFを購入する

 

【書名一覧】

【書名から記事を選ぶ】

【関連記事】

    None Found