1243_行列式を使って選択範囲のデータを昇順(降順)に取り出す

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 1243_行列式を使って選択範囲のデータを昇順(降順)に取り出す
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

1243_行列式を使って選択範囲のデータを昇順(降順)に取り出す「データ」メニューの「並べ替え」コマンドでは、数値データそのものが並べ替えられてしまいます。行列式を使えば、元の数値データを残したままで、リアルタイムに並べ替え結果を表示することができます。

記事を見る

PDFを購入する

 

--------------------------------------

【書名一覧】

【書名から記事を選ぶ】

【関連記事】

    None Found