第2章_編集

第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_21_偶数ページと奇数ページでヘッダーやフッターを使い分けたい

2_21_偶数ページと奇数ページでヘッダーやフッターを使い分けたい

  • パンフレットや小冊子を作成するときに,右のページと左のページのヘッダーやフッターを 使い分けたい時があります。たとえば左のページにはヘッダーに章のタイトル名をフッターにはページ番号を左揃えで,右ページにはヘッダーに節名をフッター にはページ番号を右揃えでといったケースです。
  • ここでは二つのヘッダーとフッターを使い分ける方法について説明します。
→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_20_ヘッダーやフッターに章のタイトル名と番号を挿入したい

2_20_ヘッダーやフッターに章のタイトル名と番号を挿入したい

  • 幾つかの章と節で構成されているドキュメントの場合,ヘッダーやフッターに章や節の見出しを挿入すると見やすくなるなります。
  • ここではヘッダーに番号付きの章の見出しを左揃えで,節の見出しを右揃えで挿入する方法について説明します。
→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_19_ページ番号を挿入したい

2_19_ページ番号を挿入したい

  • ヘッダーやフッターにページ番号を挿入したい時があります。ページ番号や総ページ数もフィールドとして挿入しておくと,テキストの増減でページ数が変更しても自動的に変更されます。
  • ここではフッターの中央にページ番号を挿入する方法,右端にページ番号と総ページ数を挿入する方法を説明します。
→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_18_フッターに現在の日付を入れたい

2_18_フッターに現在の日付を入れたい

  • フッターという領域に日付を挿入すると、ドキュメントの下に現在の日付を入力できます。
  • ここではフッター領域の作成方法と、日付を自動的に入力する方法について説明します。また日付の書式の変更の仕方も取り上げます。
→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_17_ヘッダーにファイル名を入れたい

2_17_ヘッダーにファイル名を入れたい

  • 各ページにファイル名を表示したい場合があります。ヘッダーという領域に自動的に挿入されるようにすることができます。
  • ここではヘッダーを利用方法と、ファイル名フィールドを挿入する方法を説明します。
→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_16_番号付けの番号を振り直すには

2_16_番号付けの番号を振り直すには

  • 番号付けは自動的に番号を振ってくれるので便利ではありますが,番号を振りなおしたい場合や1からではなく途中から番号を振り始めたい時もあります。
  • ここでは番号付けの番号の振り方を変える方法について説明します。
→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_15_番号付けを数字からひらがなに変更するには

2_15_番号付けを数字からひらがなに変更するには

  • 番号付けは自動的に番号を振ってくれるので便利ではありますが,用いる番号をイ・ロ・ハ順や一・二・三と漢数字の順に表記したい場合もあります。
  • ここでは番号の振り方をアラビア数字からカタカナや漢数字に変更する方法について説明します。
→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_14_番号付けのリストを書きたい

2_14_番号付けのリストを書きたい

  • 番号付けの機能を利用すると,リストを作成する際に自動的に連番の番号を段落の先頭に振ってくれます。
  • ここでは,番号付けの基本的な使用方法について説明します。
→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_13_箇条書きの記号を変更するには

2_13_箇条書きの記号を変更するには

  • 箇条書きの先頭に挿入する記号は様々なものを利用することができます。
  • ここでは,既に登録されている箇条書きの記号の中からの選択,画像を利用する,任意の文字や記号を使用する方法を説明します。
→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_12_箇条書きのリストを書きたい

2_12_箇条書きのリストを書きたい

  • 手順を示すマニュアルや項目のリストを作成するときに,箇条書きを活用すると,段落の先頭につけた記号を自動で入力できます。
  • ここでは,箇条書きの基本的な使用方法について説明します。
→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_11_段落を移動させたい

2_11_段落を移動させたい

  • 作成しているドキュメントの段落を一つ上に移動、または二つ下に移動したいというようなケースがあります。
  • ここでは、キーボードショートカットを使って段落を移動する方法と、見出しを利用している場合にナビゲータを利用して移動する方法を説明します。
→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_10_素早くドキュメント内を移動したい

2_10_素早くドキュメント内を移動したい

  • 多くのページで構成されているドキュメントの場合、特定のページに素早く移動したいことがあります。また次の見出しへ移動したい場合や、ドキュメント中の次の図へ移動したい時もあります。こうした時にナビゲータが便利です。
  • ここではナビゲータを使ったページの移動や見出しの移動について説明します。
→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_09_段組の途中で次の段へ移りたい(段区切り)

2_09_段組の途中で次の段へ移りたい(段区切り)

  • 段組のページを構成している場合,各段の最後まで文字を入力してくと自動的に次の段へカーソルが移動します。しかし段の途中で区切って,次の段の先頭から入力したい時もあります。そのようなときに「段区切り」を利用します。
  • ここでは「段区切り」の挿入の仕方について説明します。
→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_08_ページの途中で次のページへ移るには(改ページ)

2_08_ページの途中で次のページへ移るには(改ページ)

文字を入力していき1ページに入る行数を超えると自動的に次のページに移動します。しかし場合によってはページの途中から次のページの先頭へ移動したい時があります。
ここではユーザーが明示的にページを変える方法について説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_07_今行なった操作を元に戻したい(元に戻すとやり直し)

2_07_今行なった操作を元に戻したい(元に戻すとやり直し)

編集作業中に、操作前の状態に戻したい場合があります。そのようなときに「元に戻す」機能が役立ちます。
ここでは、「元に戻す」と「やり直し」機能と、それに伴うオプションについて説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_06_ 貼り付ける時に書式を引き継がないようにする(形式を選択して貼り付け)

2_06_ 貼り付ける時に書式を引き継がないようにする(形式を選択して貼り付け)

貼り付け操作を行うときに、元のテキストの書式が反映されてそれを修正するのが面倒なことがあります。
書式は現在のカーソルの置かれているところのものを利用して、貼り付けるには「形式を選択して貼り付け」機能を使います。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_05_同じ内容をコピーしたい(コピーと貼り付け)

2_05_同じ内容をコピーしたい(コピーと貼り付け)

同じ文字列を繰り返し入力したり、同じ内容の文章を繰り返し使いたい場合にはコピーと貼り付けの機能が便利です。
ここでは、コピーと貼り付けの方法を説明します。他のドキュメントの文章をコピーして貼り付ける方法についても取り上げます。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_04_文章を移動したい(切り取りと貼り付け)

2_04_文章を移動したい(切り取りと貼り付け)

ドキュメントを作成していく中で、この文章は前や後ろへ移動したほうがよいと感じることもあります。このようなときには切り取りと貼り付け機能を使って移動させると文字を再入力する手間を省けます。
ここでは、切り取りと貼り付け機能を使った移動の方法を説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_03_文字列と段落の選択

2_03_文字列と段落の選択

文字のサイズを変更する場合や色を変える場合、段落を移動させるときなど、どの部分を変更したいかを前もって指定する必要があります。このように文字列の操作や段落操作などに欠かせないのが選択操作です。
ここでは、文字列選択、単語の選択、段落の選択、ブロック範囲選択、ドキュメント全体の選択といったさまざまな選択の方法を説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_02_改行記号を表示するには

2_02_改行記号を表示するには

ドキュメント内に改行記号を表示させるには、ツールバーから操作します。
ここでは、改行記号の表示・非表示の方法と、コントロールできるさまざまな編集記号について説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第2章_編集- 逆引きマニュアル-Writer編

2_01_離れた箇所に文字入力をしたい(ダイレクトカーソル)

2_01_離れた箇所に文字入力をしたい(ダイレクトカーソル

ドキュメントの任意の場所に文字を入力したい時があります。ダイレクトカーソルという機能を使うことによって、マウスでクリックした場所から文字入力をはじめることができます。
ここでは、ダイレクトカーソルの動作と利用するための設定について説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

【書名一覧】

【書名から記事を選ぶ】

【関連記事】

    None Found