逆引きマニュアル-Calc編

第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

1040_ショートカットキーを使って列幅や行高を設定する

1040_ショートカットキーを使って列幅や行高を設定する列幅や行高の調整はマウスで行うことが多いので、それ自体がショートカット操作なのですが、キーの組み合わせを使って処理することも可能です。これをここでは便宜上「ショートカットキー」と呼んで解説していきます。

記事を見る

PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

1030_最適な列幅や行高にする

1030_最適な列幅や行高にするCalcの初期設定では、行高は文字サイズや行数に応じて自動調整されますが、列幅は固定です。ここでは、美しく見やすい表を作成するための最適な列幅や行高について考えてみましょう。

記事を見る

PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

1020_セルの大きさを数値で指定する

1020_セルの大きさを数値で指定する列幅や行高は、列番号や行番号の区切り線をドラッグして変更できますが、セルサイズをぴったりに揃えたいときは、数値指定が便利です。「書式」メニューの「行」コマンドや「列」コマンドを使います。

記事を見る

PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0990_列幅を調整する

0990_列幅を調整するこのセクションでは、様々な目的に合わせた列幅の調整方法を解説します。最初に基本操作を解説し、そのあとで目的ごとにその手順を説明します。なお、マウスを使う場合を取り上げていますので、メニューコマンドで行う方法についてはSec.1020を参照してください。

記事を見る

PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0980_行高を手動/自動で変更する

0980_行高を手動/自動で変更するCalcの初期設定では、行高は自動的に変更されます。これを手動設定に切り替える方法、そして手動設定から自動設定に戻す方法について解説します。

記事を見る

PDFを購入する

 

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

1010_セル幅に収まるように縮小して表示する

1010_セル幅に収まるように縮小して表示する文字列がセル幅に収まらないときには、①文字を小さくする、②セル幅を広くする、③文字列を折り返して表示する、④文字列を斜めに表示するという4つの方法があります。ここでは、文字列をセル幅に合わ せて自動的に小さくする方法について解説します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

1000_ハイフネーションを使いたい

1000_ハイフネーションを使いたいセルに英文データを入力したときに、ハイフネーションを使うことができます。このセクションでは、ハイフネーションをオンにする方法を解説します。合わせて、ハイフネーター辞書などのオプション設定についても説明しています。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0970_テキストデータを特定の位置で改行して表示する

0970_テキストデータを特定の位置で改行して表示するここでは、文字列の途中に「改行」を入力して、1つのセルの中に複数行の文字列を表示する方法を解説します。自動的に、あふれた文字を折り返して表示する方法については、Sec. 0960をご覧ください。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0960_テキストテータをセル幅で折り返して表示する

0960_テキストテータをセル幅で折り返して表示する文字列がセル幅に収まらないときに、①セル幅を広くするか、②文字を小さくするか、③文字列を折り返して表示するなどの方法があります。ここでは、③の方法について解説します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0950_セルデータの上下方向の配置を「上揃え」「中央揃え」「下揃え」にする

0950_セルデータの上下方向の配置を「上揃え」「中央揃え」「下揃え」にするセル内データの縦方向の表示位置を「既定」「上」「中央」「下」「両端揃え」「均等割付」に設定できます。まず、設定手順を説明し、次に様々な縦位置の内容を解説します。最後に、ツールバーに「上」「中央」「下」のボタンを追加する方法を取り上げましょう。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0940_横配置の「塗りつぶし」の使い方

0940_横配置の「塗りつぶし」の使い方「セルの書式設定」ダイアログの「配置」タブにある「文章の配置-横に」のドロップダウンリストには「塗りつぶし」というオプションがあります。ここでは、このオプションの内容と使い方を解説します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0930_「両端揃え」「均等割付」の使い方

0930_「両端揃え」「均等割付」の使い方このセクションでは「両端揃え」と「均等割付」の2つの機能を取り上げます。かつては「両端揃え」が均等割付と翻訳されていて、機能内容が混同されることも多かったので、ここで合わせて解説します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0920_セルデータを中央揃え(右揃え、左揃え)にする

0920_セルデータを中央揃え(右揃え、左揃え)にするセルデータを中央揃えで表示するときの機能について解説します。関連して、右揃えや左揃えについても取り上げます。「両端揃え」と「均等割付」についてはSec.0930をご覧ください。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0910_セルデータを縦書きで表示する

0910_セルデータを縦書きで表示する表計算ソフトでは、縦書きを使うことは少ないかもしれません。それでも、ここぞというときに縦書きが役に立つことがあります。このセクションでは、セルデータの縦書きについて具体例を挙げて解説します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0900_項目タイトルなどの文字列を斜めに表示する

0900_項目タイトルなどの文字列を斜めに表示する文字列を斜めに表示することで、長い項目タイトルを一定のセル幅に収めることが可能です。スマートな表作りやインパクトのある表作りには欠かせない機能です。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0890_文字列やデータ値の配置設定

0890_文字列やデータ値の配置設定文字や数値データの配置は「セルの書式設定」ダイアログの「配置」タブを使って設定します。このセクションでは、「配置」タブに表示されている項目の概要を解説します。詳しい内容については、それぞれの項目ごとにセクションを設けて取り上げています。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0880_フォント効果(太字、下線、取消線、浮き出し、中抜き、影、強調など)

0880_フォント効果(太字、下線、取消線、浮き出し、中抜き、影、強調など)このセクションでは、様々な文字装飾について、その内容と設定方法を解説します。おもにセル単位での設定について解説しますが、文字単位で設定する方法についても簡単に説明を加えます。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0870_標準フォントを変更する

0870_標準フォントを変更するWindows版のCalcを起動すると、英数フォントは「Arial」、日本語フォントは「MS Pゴシック」の10ポイントが標準フォントになっています。このセクションでは、この標準フォントを変更する手順を解説します。

記事を見る

PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0860_フォント設定

0860_フォント設定文字サイズやフォントなどの設定を変更したいときは、大きくわけて3つの方法があります。「書式設定」ツールバー、「書式」-「セル」コマンド、「スタイル」を使う方法の3種類です。それぞれの内容と違いについて解説しましょう。

記事を見る

PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0850_セルスタイルを作成する

0850_セルスタイルを作成する「スタイル」とは、書式をまとめてセットにして名前をつけて管理する機能です。「セルスタイル」と「ページスタイル」がありますが、このセクションでは「セルスタイル」の作成手順と注意点などを取り上げます。

記事を見る

PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0840_標準の書式に戻すには

0840_標準の書式に戻すにはこのセクションでは、設定した書式を解除して、標準の書式に戻すときの手順を解説します。いろいろな方法があり、設定ずみの書式の内容に応じて使い分ける必要があります。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0830_日付けと曜日を一緒に表示する

0830_日付けと曜日を一緒に表示するスケジュール表などを作成するときに、日付けデータと一緒に曜日を表示したいことがあります。そんなときの方法を紹介しましょう。 (内容はSec0820などと一部重複しています。ご了承ください。)

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0820_書式コードの使い方を知りたい

0820_書式コードの使い方を知りたいこのセクションでは、書式記号(コード)について解説しましょう。書式コードの種類は多いので、押さえて置きたい書式コードに絞ってポイントを説明していきます。本章の各セクションで取り上げている具体例も参照してください。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0810_数の書式をユーザー定義する手順

0810_数の書式をユーザー定義する手順「セルの書式設定」ダイアログで、書式コードを使ってユーザー定義するときの手順とポイントを解説します。このセクションの内容を押さえておくと、書式設定の幅が大きく広がります(やや上級向き)。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0710_セルに書式を設定する基本手順

0710_セルに書式を設定する基本手順分かりやすく見やすい表を作成するときのポイントは「書式設定」です。このセクションでは、「セルの書式設定」ダイアログと「書式設定」ツールバーの機能を対比しながら、書式設定の基本手順を解説します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0800_数値データを全角で表示する

0800_数値データを全角で表示する数値データを全角で表示したいことがあります。TEXT関数とJIS関数を組み合わせて、数値を全角で表示してみましょう。また、[NatNum3]という特殊な書式を使って表示することもできます。

記事を見る

PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0790_桁揃えのために数値の先頭に0を置く

0790_桁揃えのために数値の先頭に0を置く商品番号や社員番号など、数値の先頭にゼロを付与して一定の桁数で表示したいことがあります。そんなときの3通りのやり方を解説します。

記事を見る

PDFを購入する

 

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0780_小数点以下の桁数を指定する

0780_小数点以下の桁数を指定する小数点以下の桁数を指定するのは、ツールバーのボタンを使うのが簡単です。実際の数値データはそのまま残り、シート上の数字だけが‘下位を四捨五入して表示’されます。同じ作業は「セルの書式設定」ダイアログでも可能です。

記事を見る

PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0770_プラス値に「+」マークを表示する

0770_プラス値に「+」マークを表示するCalcの初期設定では、マイナスの数値を入力すると「-500」のようにマイナス記号が表示されますが、プラスの数値にはプラス記号は付与されません。これを「+500」のように表示してみましょう。

記事を見る

PDFを購入する

 
第4章_書式を整える- 逆引きマニュアル-Calc編

0760_マイナス値を赤色で表示する

0760_マイナス値を赤色で表示するマイナス値を赤で表示できます。また、さらに一歩進んで、プラス値を青で表示するなど、数値データを色表示する方法を解説します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

 

【書名一覧】

【書名から記事を選ぶ】

【関連記事】

    None Found