第9章_その他

第9章_その他- 逆引きマニュアル-Writer編

9_08_機能を調べてみるには(ヘルプ)

9_08_機能を調べてみるには(ヘルプ)

この機能はどうのように使ったらよいのか?Wordでできるこの機能はどうしたらWriterで利用できるか? といったケースにヘルプを活用して機能を見つけます。
ここでは、ヘルプの使い方について説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第9章_その他- 逆引きマニュアル-Writer編

9_07_URL入力時にハイパーリンクにならないようにしたい

9_07_URL入力時にハイパーリンクにならないようにしたい

標準の設定ではドキュメント内にURLを挿入すると自動的にハイパーリンクの設定がなされます。便利な場合もありますが、そのようにしたくない場合もあるでしょう。
ここでは、ハイパーリンクにならないようにする方法やURLの文字が青くならないようにする方法などを説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第9章_その他- 逆引きマニュアル-Writer編

9_06_アルファベットの最初の文字が自動的に大文字になるのをやめるには

9_06_アルファベットの最初の文字が自動的に大文字になるのをやめるには

Writerの標準の設定では,文頭に入力したアルファベットの単語の語頭が自動的大文字に変換されてしいます。またIPsecというような文字の場合自動的に2文字目が小文字になることもあります。
ここでは、こうした機能を止めるにはどうするか、またこのオートコレクトを上手にコントロールする方法について説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第9章_その他- 逆引きマニュアル-Writer編

9_05_フォントの置換機能を使ってOS間の互換性を高めたい

9_05_フォントの置換機能を使ってOS間の互換性を高めたい

異なるPC環境でドキュメントを作成している場合、どちらにも同じフォントがインストールされているとは限りません。特にOSが異なる環境ではフォントの違いは顕著になります。
指定されたフォントが現在の環境にない場合、OpenOffice.orgでは自動的に適切なフォントに変換してドキュメントを開きますが、ユーザーが明示的にフォントの変換を指定できます。
ここでは、フォントの置換の設定の仕方について説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第9章_その他- 逆引きマニュアル-Writer編

9_04_ひらがなをカタカナに変換するには

9_04_ひらがなをカタカナに変換するには

名簿のふりがな欄のひらがなをすべてカタカナに変えたいような場合、文字種の変換機能と使うなら一括して変換できます。
ここでは、文字種の変換機能を使ってひらがなからカタカナに変換する方法と、文字種の変換機能の他の便利な機能を説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第9章_その他- 逆引きマニュアル-Writer編

9_03_特殊文字を挿入するには

9_03_特殊文字を挿入するには

丸で囲まれた文字、1文字分で表す年号やカタカナ表記の単位など通常の変換では入力できない文字を使いたい場合があります。
ここでは、特殊文字の挿入の仕方と注意点を説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第9章_その他- 逆引きマニュアル-Writer編

9_02_一部の段落を書き込み禁止にしたい

9_02_一部の段落を書き込み禁止にしたい

パスワードを使ってドキュメントの保存を行なうとドキュメント全体を書込み禁止にできます。では、ドキュメント内の一部の段落や表を書込み禁止にするにはどうすればよいでしょうか。
ここでは、セクションを用いた一部の段落の書込み禁止の方法と表の保護について説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 
第9章_その他- 逆引きマニュアル-Writer編

9_01_定型文を登録して入力を簡単にするには

9_01_定型文を登録して入力を簡単にするには

定型の挨拶文、長い団体名や肩書きなどを繰り返し使用する場合は入力支援機能を使うと文字入力の手間を省けます。
ここでは、定型文の登録の仕方と使い方について、またテキスト以外の入力支援について説明します。

→ 記事を見る
→ PDFを購入する

 

【書名一覧】

【書名から記事を選ぶ】